特別な運動能力は不要

武術気功においては、並外れた運動能力は要らない。

あるに越したことはないが、站樁(タントウ:立禅)を続ければ、必要な基礎体力、運動能力は身につく。

元々体力や運動神経に自信がある人は、護身の原理原則を理解し、実際的な動きと対練を繰り返せば、現代日本においては十分な護身能力が身につくだろう。

私のようにフィジカルが平均以下の人間は、站樁をやり込んで身体を作り上げる必要がある。

しかし平凡以下の人間でも、続ければ達人を目指せるのが武術気功の醍醐味なのである。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です