武術を修得するプロセス

初心者はまず基本、站樁(タントウ:立禅)の形をなるべく正確に覚えることが目標となる。

これは最も重要で奥が深く、奥義を会得した後も終わることのない課題だ。

無動ですらこうなのであるから、その他の絶対訓練も無限に追究できる。

しかし分かり易い変化がなければ人は辛くなるので、推手の形(動き、力の使い方など)を覚えるのが目標にしやすい。

推手の次は寸止め(手技のみ)の組手を安全にできることを目指し、同時並行で上達を目指すと良いだろう。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です