眼と手の使い方

眼は広くぼんやりと、全体を同時に把握できるようにして観なければならない。

狭い範囲でしか見ていないと、狙いが読まれるし、裏をかかれてしまい、フェイントにかかりやすくなる。

なので、普段の練習時から、この眼の使い方を常に意識しておかねばならない。

そしてこれは、眼に頼り過ぎないということである。

眼が攻撃を自然に映したら、手も自然に、力みなくその攻撃に触れにいく。

触れた後は手に任してしまう。

これが出来ることを目標として、練習(站樁、推手など)を繰り返さなければならない。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です