究極の対打撃防御訓練

打撃に対する防御を完璧に近づけていくには、推手を繰り返すのが最も合理的だ。

推手の取り組み方を間違わなければ、攻防一致の反応、動きも身につけていける。

ただし、基礎となる姿勢や身体能力、俊敏性や正確性などは、站樁(タントウ:立禅)の繰り返しで仕上げていることが前提となる。

次に離れた状態からの速い打撃、連続攻撃についても、初弾に触れた瞬間に中心・重心を制した状態を作れるようになれば、あらゆる打撃を完封できるようになる。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です