2023年2月

未分類
揺るぎない自信を身につける方法

「自信」とは「自らを信ずる」と書く。 自信をつけるには、自分との約束を何度も何度も守るしかないのだ。 どんな些細なことでも善いが、できればなりたい自分に近づけるような訓練を約束するのがオススメである。 実践していく際、ま […]

続きを読む
未分類
「気の愛好会」はDAOにしたい

「気の愛好会」は、将来的にはDAOにしたい。 今はまだ私の主催する武術気功健康教室の別名みたいなものだが、もっと気軽に、誰でもどこからでも簡単に参加できるコミュニティにしていく。 やる気さえあれば、すぐにリーダー(市区町 […]

続きを読む
制心術
観察力の重要性と高め方

武術気功においては、上達するためにも、護身術として実際に使う時にも「観察力」が重要となる。 まず技術を上達させるには、観る、細かく観察して「本物」の「良」もしくは自分の「不良点」などを見極めなければならない。 そのために […]

続きを読む
未分類
「ミチクサ先生」を読んで思ったこと

『いいかね。教師はあの築山のてっぺんが最終の目標のごとく教えるだろうし、学生もそう思うだろう。でも実は、勉学も生きることも、いかに早くてっぺんに登るかなんてどうでもいいことさ』 『いろんなところから登って、滑り落ちるのも […]

続きを読む
未分類
チャクラと丹田

チャクラとはサンスクリット語で「輪」を意味し、ヨーガなどでは人体の重要中枢を指す語として使われる。 それは物質的な器官を示すのではなく、その重要部位中心(センター)が発する(霊的)生命エネルギーとその流れに関わる表現とな […]

続きを読む
未分類
気を養う際の危険性

「気」を養い気力を高めると、人間の潜在能力(本来の力)が発揮される。 中にはいわゆる超能力的なものを使えるようになったり、天才に目覚める者もいる。 「気」を養わずに一流、超一流になった者はいない。 (どんなジャンルであろ […]

続きを読む
未分類
天地自然の気に順う

人間は天地自然の気(大気)の中で、祖先父母、大自然からいただいた「元気」によって生かされている。 この「元気」を損なう時、人の心身は異常を来たし、「病気」となる。 元気を損なわないためには、まず天地自然の気と調和した暮ら […]

続きを読む
未分類
元気はなくなると取り戻せない

「元気」とは元々東洋医学の専門用語であり、生物が誕生時に自然から授かる生命力を意味する。 生命の元気は生殖適齢期にピークを迎えるのが正常であり、それより若い段階で元気がないのは異常、病気なのである。 若いうちに健康なのは […]

続きを読む
未分類
「気」の威力と信じる心

「気」は見えない。 いや、全ては気でできているので常に見えてはいる。 しかし一つの気は分子より、原子より、素粒子より遙かに小さな仮想の最小単位であるので、限りなく無に近い。 ゆえに科学的観測は永遠に不可能なのだ。 気の威 […]

続きを読む
制心術
継続のコツ

制心訓練法は簡単に始められる分、やめてしまいやすく、続けるには創意工夫が要る。 最終的な目標は自分の心の制御であり、この達成度合を客観的に確認するには、体術の修得、つまり対人稽古の精度を観るのが最適だ。 推手や組手には相 […]

続きを読む