武術に筋力は必要か

結論から言えば、武術に筋力はほとんど必要ない。

基本功をしっかり実践すれば、自然に必要な筋肉はつくし、日常動作が全て鍛錬となり、自然に練り上げられた肉体が出来あがってくる。

筋トレをすると筋肉量が増え、それが体重増に繋がると、打撃の威力は増す。

しかし筋肉であっても身体が重くなると、細かい動きが遅くなってしまう。

護身の実戦においては威力より速さの方が重要である。

筋トレよりは站樁(タントウ:立禅)などを繰り返し、「力を抜いて気を入れる」感覚を少しでも早く身につけるよう努力した方がよい。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です