使える護身術を身につけるには

以前読んだネット記事で、ボディガードの人が「どれほど護身術の稽古を積んでも身を守れる保証はない」といっていた。

だがそれは実際的な稽古を積んでいないからだと思う。

護身術として習われる格闘技の例として、空手、柔術、合気道、キックボクシングなどが挙げられていた。

これらは全て護身術としては不向きだ。

なぜならこれらは武道もしくはスポーツであり、武術ではないから。

武術はひたすら急所への危険技を「防御」する稽古を繰り返すのが本質であり、攻撃技はその防御レベルを高めるための相手役として必要なだけ。

確かに護身には保証も正解もないが、実用的にするための訓練体系はある。

まずは最速の打撃、素手の目突きを完封できなければならない。

次に金的、膝狙いの蹴り、最後にその他中心部への打撃を完璧にさばけるまで練習する。

この時防御のみでは不可能なので、自分も常に相手の急所をロックオンしておいて、攻防一致の動きで対応することが肝要である。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です