柔軟性について

制心訓練法において、身体の柔軟性は高いに越したことはない。

しかし極端に可動域が狭いということがなければ、特別柔らかくなくとも制心訓練法を実践することはできる。

一方、健康増進のためには、ヨーガのアーサナや真向法を実践して柔軟性を高めておくことは推奨する。

正中不動制心(站樁/立禅)を実践することによっても柔軟性が高まり動きが滑らかにはなるが、アーサナや真向法ほど身体が柔らかくなることはない。

だが武術には特別な身体能力も柔軟性も必要ない。

真の武術は老人になってからも使えるものであるからだ。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です