毎日同じ時間に練習する

站樁(タントウ:立禅)は意拳創始者の王薌齋(王向斉)師によると、1日の中で日の出頃、南中(昼12時)頃、日の入り頃の3回、各45分程行うのが理想とされる。

しかし現実的に考えて、現代日本でこの理想を実現できる人はかなりの少数派だろう。

まずは1日1回を毎日同じ時間に練習する習慣を作ると良い。

毎日、あるいは平日と週末で分けるなどしても良いが、決まった時間に練習できるなら何時に練習してもかまわない。

とにかく続けることが何より大切であり、何時に練習するかを決めて、それを守ることが習慣化に役立つコツである。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です