自然さが必要な理由

制心術の構えでは手を前に出す。

この時脇を閉じてはいけない。(閉じられないが)

しかし、肘を上げ過ぎたりして脇を開け過ぎるのも良くない。

なぜならこれらはどちらも不自然だからだ。

不自然な構えを無理に身体にインストールすると、余計なリソースが使われて非効率である。

制心術の極意として「自然な動きを追求し、不自然な動きは排除する」というものがある。

自然な動きこそ最も滑らかで速い。

無理無駄がなく速くて正確な動きが、本物の武術では要求されるのである。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です