道家武術の修行法

道家武術の修行法は、站樁(タントウ:立禅)に象徴されるように、動きが観えにくく(静的)地味なものが多い。

地味な練習はその意味や効果が理解され難く、継続が容易ではない。

しかしその困難を乗り越えて長期間続けると、足腰体幹、深層筋、腱、靭帯、神経、感覚、循環器、内臓などが調整、鍛錬、最適化され、強靭かつ敏捷性の高い肉体に仕上げられる。

またその過程では思考と感性、想像力なども高められるので、これらのことにより「気」も養成される。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です