両手を自在に使う

通常の格闘スポーツでは、構えの時に左右どちらを前に出すかが固定されていることが多い。

その方が得意な攻防パターンを作り易く、試合で勝ち易いからだ。

しかし制心術では多少上達に時間がかかっても、左右どちらも同じように使えるようになることが求められる。

これにより、緊急の危機回避において必要とされる敏捷性、正確性、安全性が高められる。

何が起こるか分からない護身の現場においては、利き手でない側も十全に使えなければならないのである。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です