左右差を極力なくす

格闘スポーツにおいては構えは左右どちらかのみの場合が多いが、武術においては左右どちらも使えた方が良い。

また、どちらかが強いよりは、どちらも同じくらいのレベルであることが望ましい。

私は右利きだが、お箸は左も練習し、今では右と同じように使えるようになっている。

他にも普段からなるべく左を使うようにしている。

バランスは最重要事項の一つだ。

左右だけでなく、前後、上下もバランスがとれているよう、常に意識していなくてはならない。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です