武術と格闘スポーツの違い

格闘スポーツには、多少打たれても気合で耐えてそれ以上に打ち返し、打ち勝てという考えがある。

しかし武術では、まず身体の中心部には触れられてもいけない。

なぜなら武術はノールールが前提であり、相手がどんな武器を持っているか分からないからだ。

なのでまず逃げられるなら逃げる。

戦うのは本当の本当にやむを得ない場合のみで、その場合も打ち合い、打撃の応酬、組み付きなどはあり得ない。

最初の一撃をさばくと同時に一撃を入れる、もしくは逃げる。

武術とは護身術であり、緊急非常時の対人危機脱出技術なのである。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です