重心移動訓練

站樁(タントウ:立禅)を終えたら、パッと構えを解いて自由に動いたりしてはいけない。

站樁の姿勢で長時間立てるようになると、ある感覚が身につくのでそれを消さないように大切にし、じっくり観察する。

最終的には常にその感覚を保ったままでいられるようになることを目指すが、まずは重心を移動させても消えないようにするところを目標としよう。

上半身を垂直に保ったまま重心を左右に移動させ、その間に感覚がなくならないよう、ゆっくりと数回往復する。

移動の方向を変える時が重要であるので気をつけなければならない。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です