凶器から身を守るには

凶器で襲われても、焦ってはいけない。

武器は扱いが難しく、素人であればなかなか使いこなせるものではない。

まず手を顔の高さに上げ、顔面と身体の中枢を守る態勢を取りながら、反撃か逃走の機会を冷静に窺おう。

武器は重量があれば威力が増すが、動かすのに時間がかかる。

これは弓矢や銃器についても共通する。

つまりデカくて重いと威力はあるが取り回しが悪く、動きが鈍くなってしまうという弱点があるわけだ。

ここに反撃や逃走のチャンスがある。

身の回りに反撃や防御に使える物がないかを素早く確認し、あればそれを有効活用して活路を拓く。

この点、まず自分の心身を自在に素速く動かせるようになっておくことが、護身武術では強さよりも重要といえる。

素手が最も速く動ける。

その最速の動きを完封する訓練をしておく。

素手の速さに慣れれば、武器をもった動きは遅く感じるはずだ。

そうなれば、落ち着いて対処できるようになり、対凶器でも身を守れる可能性が高まるだろう。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!