筋力と柔軟性

筋力や柔軟性は一般的に高ければ高いほど良い、強さに繋がると考えられている。

しかし筋肉はつけ過ぎると可動域が狭まるし、瞬間的な変化を要する動きは遅くなる。

武術において動きの遅さは致命的な欠点となってしまう。

相撲や打撃系格闘スポーツではぶつかり合ったり殴られたりが前提なので、怪我予防のために柔軟性が重視される。

しかし武術ではそのようなことはあり得ないので、特別な柔軟性は必要ない。

ただ、正中制心(站樁/立禅)を実践すれば必要な柔軟性は得られる。

それは心身の最適化から来る適度な強靭性といえる。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!