両利きの優位性

格闘スポーツと武術では、構えに対する考え方に大きな違いがあります。

格闘スポーツにおける構え

格闘スポーツでは、選手は自分に合ったスタンスを選択し、相手の構えに関わらずそのスタンスを維持します。これは一定のルールの中で勝利を目指すためには理にかなった方法だと言えるでしょう。

武術における構え

一方、武術では勝利や相手を打ち倒すことが主目的ではありません。むしろ、左右どちらの構えでも完璧に防御できることが理想とされています。武術家にとって重要なのは、相手が攻撃しにくい側の構えで対応できる能力を身につけることです。

両利きの優位性

例えば、相手が左前に構えたら自分は右前に構える、というように対応できれば、お互いに大技を出しにくくなります。このような状況では、両利きの人間が優位に立つことができるのです。

したがって、武術家は格闘スポーツ選手とは異なり、左右両方の構えを自在に使いこなせるように訓練することが求められるのです。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!