最新の実践東洋哲学

中国武術には、中国発祥の道教・道家哲学がベースの拳法を「内家拳」、国外(インド)発祥の仏教がベースの拳法を「外家拳」とする分類がある。

このように、「内家拳」という呼称は中国が基準であるため、私は「道家武術」という呼称を用いている。

中国で高級拳法と称されるのは「太極拳」「形意拳」「八卦掌」「少林拳」であり、前三者が「内家拳」、少林拳は仏教ベースなので「外家拳」となる。

つまり少林拳は仏門修行者(僧兵)のため、内家三拳は仙道(仙人、不老不死を目指す)修行のためといった趣の違いがある。

どちらも究極的には宇宙の本質(道:ダオ/空:クウ)との一致(還虚合道/解脱)を目指すが、辿ろうとするルート(アプローチ)に違いがある。

制心術のルーツは道家武術(内家拳)とヨーガ(ヒンドゥイズム)や日本の武士道、宗教哲学などにあり、最新の実践東洋哲学といえる。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です