攻撃の練習について

制心術においては防御が主であり、攻撃は本来余り意識し過ぎるべきではない。

しかし以下の理由により、攻撃の訓練も欠かせない。

まず、防御力を高めるためには、本格的な(打撃系格闘技経験者の)攻撃をさばく練習を繰り返す必要がある。

そのため、防御側の練習台になるような、本格的打撃を修得しなければならない。

また、攻撃の練習をすることで攻撃側の心理心情、動き方や難しさが分かる。

これによりどのような防御、反撃、迎撃が有効なのかを推察できるようになる。

ちなみに防御だけでは空手師範クラスの攻撃(連撃)はさばききれないので迎撃(カウンター)の技術は必須となる。

練習における攻撃は実戦(ランダム、リアルスピード)に近づけていく必要があるが、安全性も両立しなければならない。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です