間合いについて

間合いは、上達すればするほど広くなる。

なぜなら、上級者は蹴りについても素速く安定したまま遠くを強く打つことが出来るからだ。

このレベル同士では、蹴りによる牽制の透かし合いとなる。

どれだけフェイントを入れようが、中間距離より遠くからの一本(単純)攻撃が決まることはまずなくなる。

そして、護身的には間合いを広げていく意識が必要になる。

しかしこの時、後ろに退がるにしても、気迫で負けてはいけない。

相手を呑み、ゆったりとした気分で、間合いを広げる。

常に迎撃の準備は出来ていなければならない。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です