まずは防御

孫子もいうように、闘いにおいてはまず万全の防御を整える。

そして敵が崩れて隙ができるのを待つべきなのだ。

防御態勢は自分のことであるが、崩れて隙ができるかどうかは相手側のことである。

防御に徹している者、攻防一致を修得した者を崩すことは容易ではない。

実は最も崩れ易いのは攻撃の瞬間である。

敵が防御から攻撃に転ずる一瞬を捉え、その隙を打つ。

そうすれば自分が攻撃する時の隙を狙われる可能性は下がる。

防御の精度を上げるには、推手などの訓練が有効である。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です