構え

武術における構えは、自然かつ力の抜けたものでなければならない。

基本は開掌で、腕は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず、手は顔の高さに上げる。

足幅は普段の一歩程度で、広過ぎても狭過ぎてもいけない。

そしてできれば左右どちらが前でも同じように構えられ、同じように動けるようになっておくことが望ましい。

咄嗟に身を守る時に重要なのは、手足を使って身体の中枢を守るということである。

そのために最も効率的な形や動きには、それほど多くの種類はない。

武術も、いや武術こそ「シンプル・イズ・ベスト」なのである。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です