護身の基礎

護身のためには、術を覚えるより基本的な考え方を知っておくこと、基礎体力をつけておくことの方が重要である。

護身の基本とは、逃げられるなら逃げる、危険とは可及的速やかに距離をとるということだ。

格闘技術を身につけたとしても、使えるとは思わずに逃げた方が良い。

ただし間合いによっては初弾は捌かなければ危険な場合がある。

何かあった時は開掌を顔の高さに上げて相手と距離をとり、手と手、指と指の間から相手を観察し、素早く状況を把握する。

基礎体力をつけるには山歩きなどを趣味にするのが最適である。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です