集中

制心術
無動訓練の本質

無動訓練とは、正中制心(站樁/立禅)に代表されるように、一定の姿勢を保ちながら動かない訓練の総称です。激しい動きも静かな動きも、全ての動きの根源は無動姿勢にあります。 制心バランスと無動訓練 制心バランスを保った状態で動 […]

続きを読む
制心術
最強の趣味

制心訓練(集中力養成)法はいつでもどこでも、誰でも、一人ででも複数人ででも、取り組むことができる。 道具はあれば便利な物もあるが、何も使わなくても問題はない。 ゆえにお金もほとんど要らない。 もし指導を受けるなら、その際 […]

続きを読む
制心術
誰でもできる制心訓練法

制心訓練法は簡単だ。 正中不動制心(站樁/立禅)は型や套路(トウロ)などを覚えるのに比べれは、一定姿勢でじっと立っていれば良いだけ。 微動歩行制心もゆっくり歩くだけで、速く走ることなどに比べれば、誰でもできるようになるは […]

続きを読む
制心術
究極の目標

制心術の究極の目標は、自らの心を完全に制することだ。 つまり、ヨーガ(ヨガ)におけるダーラナー(集中)やディヤーナ(瞑想)の目標と同じである。 正中制心(站樁/立禅)はアーサナ(坐法)の一種ともいえるだろう。 なぜなら正 […]

続きを読む
制心術
制心術に必要な心構え

制心術の訓練は安全性と実戦性の両立を追求している。 なので、訓練時は真剣に取り組まなければならない。 しかし緊張が過ぎると注意力が散漫になるため、適度にリラックスしていることが重要だ。 適度な緊張とリラックスが集中力を高 […]

続きを読む
制心術
制心訓練法と能力開発

制心訓練法においては、ストレス耐性を高めると共に、ミット打ちなどのストレス解消運動も行われる。 人はストレスが高まれば不調や病気になるが、逆にストレスが減れば、自らの能力を最大限発揮することができる。 また制心訓練法では […]

続きを読む
制心術
心を制するには

制心術の究極の目標は、自らの心を完全に制することである。 つまり、ヨーガ(ヨガ)でのディヤーナ(瞑想)の前段階、ダーラナー(集中)の一種であるともいえる。 站樁(タントウ:立禅)はそのためのアーサナ(坐法)の一種ともいえ […]

続きを読む
制心術
心を制御する

制心訓練法は文字通り心を制御することが目的だ。 瞬間的な対応の訓練としては自由組手において平常心を保つなどがある。 そして長期的な心の制御訓練としては毎日30分の站樁(タントウ:立禅)を3年間続けるなど、自分にとって望ま […]

続きを読む
制心術
長期的集中と「気」

「気」の威力を発揮するために最も重要なことは、長期間に渡って集中し続けることである。 言い換えれば、有効な習慣を身につけるということだ。 正中制心(站樁/立禅)は「気」を養成し、威力を高めるために有効な行法である。 推手 […]

続きを読む
制心術
超越的な「何か」

最初は単純に「強くなりたい」から始め、道家武術の奥深さに触れて人生を狂わせてしまった私だが、心身の激変で得た感動を広く共有することが今の望みである。 それは武の本質とも言えるかもしれないが、もっと言えば全ての本質、道、S […]

続きを読む