「気」を感じる方法

「気」を養うには、正中不動制心(站樁/立禅)を毎日行い、それを長期間続けると良い。

その際どのようなことを意識すれば「気」を感じやすいかというと、「指先」に生じる通常時と異なる感覚に集中する。

そのためには脱力、リラックスが大事。

腕は胸の中心から生えていると想像し、指先からエネルギー(気)の糸もしくは針金状のものが出ていて両手の指先同士を繋いでいるとイメージする。

それを伸ばしたり縮めたり、上げたり下げたり、近づけたり、遠ざけたりする想像「だけ」を行い、実際には動かさない。

これにより違和感が増幅され、「気」を感じやすくなる。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です