真技に至るには

武術の真技を修めるには、単純な突き、蹴りの練習をしているだけではいけない。

剛直な攻撃技は筋力の衰えと共にキレや速さを失い、若いものに及ばなくなる。

これとは逆に柔軟で精密な動きは生涯伸ばすことができる。

コツとしては、力を抜いて気を入れ、全身を自在に使えるように意識すること。

自由組手(スパーリング)は必須だが、防御技術の確認のためだけにする方が良い。

怪我をしないことも大事であるので、防御ができていないうちに組手をしてはならない。

(直接打撃を多く喰らうようなことをしていると、若いうちは平気でも内臓などにダメージが残り、歳をとってから後遺症に苦しむ恐れがある)

一人で稽古するのも重要だが、後輩に指導をするのも自分の為になる。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です