腕の使い方

腕を柔らかく重く使うたとえとして、私は細長い袋に泥を入れた鞭というのを用いていた。

しかし澤井先生の水銀の喩えの方が、より流動性が感じられて素晴らしいと感じた。

両腕は背中の中心から始まっていて、それは胸部の霊的活力球(第4チャクラor中丹田)と強い相関性を持つ。

腕は常に身体の中心を守るが、同時に相手の中心をロックオンしてもいる。

この時、中心力は肩、肘、手首を協調させることで、全エネルギーを相手の中心に伝えることができる。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です