前手の重要性

ボクシングの格言に「左を制する者は世界を制す」というものがある。

これは打撃においてのリード(前手)の攻防の重要性を物語っている。

武術においても同様で、まずはリードの攻撃をしっかりガードできるようにならなければ組手はできない。

逆にこれさえできればある程度の組手は成り立ち、組手を反復することで実力が向上していく。

リードの攻防練習(対練)は、3種類×2(左右)が想定される。

武術では利き手側の構えだけでなく、左右同様に使えることが望ましい。

ジャブを当てるより、フェイントにかからない、崩れないことの方が大事である。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です