心を制するには

制心術の究極の目標は、自らの心を完全に制することである。

つまり、ヨーガ(ヨガ)でのディヤーナ(瞑想)の前段階、ダーラナー(集中)の一種であるともいえる。

站樁(タントウ:立禅)はそのためのアーサナ(坐法)の一種ともいえるだろう。

なぜなら站樁も快適で安定感のある姿勢だからである。

身体が完全に健康で、毒や緊張のない状態でなければ、快適な姿勢を得るのは難しい。

身体と心の病がこわばりや緊張を生み、それらは人を壊すこともある。

柔軟であるとき、人は壊れない。

組手においても快適で安定感があり柔らかく動けていれば、制心術の目標に近づけている。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です