脱力のコツ

実戦でリラックスできるようになるために、まずは站樁(タントウ:立禅)で完全脱力して立つことを練習する。

站樁で姿勢を決めたら、呼吸を細く深く長く整えていく。

鼻から吐いて鼻から吸う。

腹式呼吸で行う。

この時肩が緊張しやすいので腕の重さを胸部の奥または背中(肩甲骨辺り)で感じられるように意識する。

呼吸のたびに余分な力が脱けていき、良いエネルギーが摂り込まれていくイメージをもつ。

腕もカが入り易いので意識的に脱力する。

下半身の脱力は難しいが必要以上の力は入れないように気をつける。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です