武術気功の心技体

武術気功では基本(養生法:健康法)でまず身体を練り鍛え、基礎体力を身につける。

これが「心・技・体」でいうところの「体」を高める段階である。

これはただ「体」のみを鍛えているのではなく、「体」を整え、練ることで「心」「技」の基礎も養成されるようになっている。

例えば站樁(タントウ:立禅)を毎日続けることは容易ではない。

だがそれを続けることで「心」も鍛えられ、「技」につながる敏捷性や正確な形、動き、脱力なども身につく。

このように「心・技・体」は分かちがたいものではあるが、優れた(正しい)訓練法は「心技体」を同時に高めてくれるものである。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です