歩く時は絶好の練習チャンス

制心訓練法は、目覚めている時間の全てを訓練にすることができます。

特に立って動く時が最も練習になるのです。

普段から拇指球立ちと三元姿勢を意識して歩けば、とても良い訓練になります。

拇指球立ちで自然に歩けるように気をつける中で三元姿勢が完成に近づき、站樁(タントウ:立禅)の完成度にも還元されるのです。

また歩いている時、どこからどんな攻撃を突然受けても対応できるように頭の中でシミュレーションしながら歩いても良いでしょう。

普段の姿勢、動作をレベルアップする事で制心力が高まるのです。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です