みなぎるほどの気力を養う

気力を養うのに焦りは禁物です。

みなぎるような気力を養うというのは、大樹を育てるようなもの。

まず大切なのは環境を整え、なるべく生活習慣を自然のリズムと合わせながら、滋養のある食事を摂ることです。

体力が落ちると気力も衰えがちなので、無理のない範囲で足腰体幹を鍛えると良いでしょう。

どうしてもやる気が出ない時は、身体から「休め」のサインが出ていると促えて、ゆっくりするのも大事です。

以上を総合すると、站樁(立禅)で心を休めながら身体を鍛えることを習慣化するのが、気力を養うのには最適といえます。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です