実戦に強くなる方法

実戦(訓練)に強くなるとは、対打撃防御術のレベルを上げるということである。

打撃技は手技と足技に大別され、まずは手技のみ、もしくは足技のみを確実に柔らかくさばけるように、単純な練習から始める。

手技であれば互いの前手の掌をぶつけ合わせる「前手合わせ」からが良い。

足技は基本的に「いなし脚」で受け流すのが合理的であるので、これを修得できるように、段階的な練習を進めていく。

それぞれのレベルが上がった後に、段階的な組手で練度を試しながら繰り返すことで効率良く上達できる。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です