腕の剛柔

制心術における防御の腕には、張りで弾くようにそらすものと、柔らかく吸い着くように制御し、いなすものがある。

前者は站樁(タントウ:立禅)を続けて腕の構えに張りが出れば初級者にも使える、比較的難易度が低い技だ。

しかし単純打撃しか使えない相手には大きな効果を発揮する。

柔らかくいなすには、瞬間的に制心をかける技術がなければ、勢いある攻撃は止められない。

しかし使いこなせれば誰のどのような攻撃も楽にさばけ、後の先も取れる高等技術である。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です