実戦を想定する

ルールがある試合をどれだけこなそうと、実戦、実際の護身の現場で役立つ技能が身につくかは、甚だ疑問である。

訓練をする場合は、常に実戦(最悪)を想定して、その場を切り抜けられるよう意識しなければならない。

そしてそのためには攻撃技より防御の技術が優先される。

まずは一対一、素手同士であれば「誰が相手でも完封できる」という状態を目指す。

それが出来ないうちに短刀取りや多人数掛けをやっても意味がない。

誰のどのような攻撃も楽にさばけるようになって初めて、次の段階に進むことができる。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です