身体をほぐす

制心訓練に取り組む前には、軽くストレッチなどの運動をしておいた方が良い。

しかし站樁(タントウ:立禅)の際には心身を落ち着かせておくべきなので、息が切れるほど激しい運動をする必要はない。

しても良いし、メリットもあるが、站樁直前には休憩をはさんで呼吸を落ち着かせよう。

大事なのはいつでも身体を動かし、ほぐす意識を持っておくことだ。

ヨーガ(ヨガ)のように柔軟な身体を得るのは理想ではあるが、制心においてはそれほどの柔軟性は要らない。

アキレス腱、膝裏、腰、股関節周り、肩甲骨周り、首、手首、足首などをゆっくり伸ばしたり回したりしてほぐすと良い。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です