形勢

格闘に強いか弱いかは、身体の姿勢「形」に左右される。

最も強い「形」には「外三合」がある。

すなわち手と足、肘と膝、肩と股の完全なる調和連動である。

戦いにおいて勇敢か臆病かは、心の「勢」の問題だ。

心の「勢」が十分であれば勇猛果敢となるが、過ぎたれば無用の争いを起こしたり、透かされて裏をとられたりする怖れもある。

これは身体の「勢」についても同じである。

戦いが巧みな者は「形」と「勢」の最適化によって勝利を得ようとし、筋力に頼ろうとはしない。

形と勢は体格や筋力、運動能力に勝るものである。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です