チャクラを開発する方法

站樁(立禅)で第1(ムーラダーラ:体幹基底中心)チャクラは強化できるかとのご質問がありました。

結論からいえばできます。

站樁(タントウ)は姿勢を整えながら足腰体幹が鍛えられるので、チャクラの開発に効果的な行法といえるでしょう。

站樁や推手では第4(アナーハタ:胸部中心)チャクラが最も開発されやすいですが、意識、意念、イメージを使えばどのチャクラにも働きかけることができます。

重要なのはチャクラを開発する意識や習慣を、いかに日常に取り入れて継続するかなのです。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です