心と身体を強くする武術瞑想

站樁(タントウ)/立禅は武術気功の基礎鍛練であり、同時に初心者に適した優れた瞑想法でもある。

立ったまま一定の姿勢を崩さずにいることで、座禅などのように眠ってしまう恐れがない。

また形が間違っていたり無駄な力が入っていると長時間立てないため、立つ時間、期間を延ばすことで自動的に身体が最適化されていくのだ。

身体は気でできており、気は心であるので、つまり心も最適化されていくという寸法である。

正しく続けていれば必ず武術も上達するので、成果の客観性にも優れた行法となっている。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です