「気」を読む

武術をやる人の目的は様々だ。

健康増進や運動不足・ストレスの解消、護身術を身につけたい、格闘技術のレベルアップ、真の強さを得たい等々。

いずれの目的も武術に取り組むことで実現可能である。

だが最も有益なのは「気」を読む能力が身につくことだ。

自身の気を感じてコントロールできるようになれば、一段上の健康が手に入る。

私の場合今年48歳になるが、相手が若かろうが誰であろうが、余裕で組手ができる。

普段はトレーニングなどほぼしていないが、恐らく60代、70代になっても動きは今より良くなるだろう。

気を読めるようになれば、相手が誰であれ、どのような打撃技も怖くなくなる。

気を読むには、リラックスして集中していなければならない。

そしてこれができるようになれば、あらゆる人間関係も上手くいくようになるのである。

たとえば恋愛や仕事においても、リラックスが長続きの秘訣である。

しかし気を抜いていてはならず、相手を喜ばすことに集中すれば上手くいく。

怠けずにリラックスし、緊張せずに集中することが気を読む訓練となるのである。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です