刃物から身を守る

刃物は敵が持っていると厄介な武器であるが、速度でいえば素手の方が速い。

なぜなら刃物には多少なりとも重さがあるからだ。

また効率的に扱うのには訓練を要する代物である。

素手の攻撃を完封できたなら、物理的、運動的には刃物の攻撃も本来防げるはずなのである。

しかし心理的な問題、恐怖によってなかなかそう上手くはいかない。

ゆえに日頃から、刃物を想定した訓練を繰り返しておく必要があるのだ。

まずは推手を行う際に、手首から先(指の一本一本)が刃物であると想像して取り組むと良い。

相手もそうだと想定する訳なので、防御は完璧に、触れさせることすらないよう、緊張感を持たなければならない。

このようなイメージトレーニングを真剣に繰り返すと、素手の相手との立ち合いなどは、まず怖くなくなる。

まずは一対一、素手防具なし、禁じ手なしの立ち合いを想定し、誰が相手でも怖くないという境地を目指せば良い。

=======
空手家との組手や演武の動画は下記サイトでご覧いただけます。

https://ssakamoto.jp

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です