危険を察知する感覚を磨く

護身において最も大切なことは、一早く危険を察知する鋭敏な感覚をもっていることだ。

では、どうすれば感覚を鋭く磨くことができるか?

それが武術の鍛練を積む意味といえる。

現代日本は比較的治安も良く、暴力犯罪に巻き込まれる確率も低い平和な社会であり、それ自体はとても素晴らしい。

しかし平和の中で感覚を鈍麻させることは危険だ。

そして残念ながら、平和な世では感覚は鈍くなり易い。

武術の稽古は危険を伴うこともあるが、それにより感覚が鋭敏に研ぎ澄まされていく。

平和な日本に住む現代人は皆、武術を学ぶ必要があるのではないだろうか。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です