往なし受け

制心術の奥義は「往(い)なし受け」である。

これは突きであろうと蹴りであろうと、腕または脚で勢いを柔らかく往なしてしまう防御だ。

この往なし受けができるようになると、誰のどんな打撃も全く怖くなくなる。

ただし力を抜いて柔らかくしていても、「気」が手足に漲っていなければ、攻撃を往なすことはできない。

また力んだ固い受けでは、衝撃をまともに喰らってしまい、上級者やヘビー級の打撃には耐えられない。

一般的には攻撃技に注目がいくが、実は武術において最も重要で高等な技術とは、防御、特に対打撃防御術といえる。

これがあれば歳をとっても一生涯武を極めていけるし、なければ中年以降は実戦組手は厳しくなっていくだろう。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です