チャクラ、丹田、霊的活力球

チャクラとはサンスクリット語で「輪」を意味し、人体の中心部にある7箇所の生命活力のセンターを指す。

第1チャクラは会陰または尾骶骨の辺り(体幹基底部)

第2は下腹部(前立腺or子宮)臍下丹田

第3は太陽神経叢or臍部

第4は心臓部(中丹田は胸腺)

第5は甲状腺部

第6は間脳視床下部or松果体部(上丹田は眉間)

第7は百会(頭頂部)

チャクラは体内中心部にあるが、丹田はチャクラよりは体表(前側)に近い位置にある。

仙道の小周天では丹田は任脈(ニンミャク:体表前面の正中線)上にあるとされる。

体表背中側の正中線は督脈(トクミャク)という。

チャクラは仙道でいえば衝脈(ショウミャク:中脈)上にあるといえる。

チャクラや丹田は医学的・物理的な器官ではなく、意識やイメージによってエネルギーや熱を感じられる(発生させられる)身体の重要部位である。

個人的にはチャクラは輪ではなく球としてイメージしている。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です