拇指球立ち

制心訓練法の基本は拇指球立ちです。

拇指球とは足の親指のつけ根にある膨らんだ部位のことで、そこに全体重を乗せ、かかとはやや浮かせて立つ姿勢を拇指球立ちとしています。

日頃立つ時、歩く時は常に拇指球立ちをすると、良い訓練となります。

効果としては足腰体幹が強くなり、バランス感覚、安定感、敏捷性が向上します。

注意点としては、疲労時や緊急時まで拇指球立ちをする必要はないということです。

緊急時には足指を含めた足裏全体をフル活用しなければなりません。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です