身体との対話

正中制心(站樁/立禅)などの無動訓練中に痛みを感じた時は、まずその痛みを観察してください。

身体のどこが痛むのか、原因を推測し、姿勢や呼吸を変えたり、力を抜くことで改善しないか、極めてゆっくり、少しずつ色々試してみましょう。

ただしどうしても痛みが治まらなかったり、耐えがたい痛みの時は、決して無理をしてはいけません。

様子を観て、酷い時は病院で受診すべきです。

しかし痛みを乗り越えようとせず、限界より手前でやめてしまうばかりでは、身体との対話がゆっくりできません。

それでは無動訓練から自律整体の効果を得るのは難しいでしょう。

微笑みながら耐えられる程度の痛みなら、微調整しながら続けることで姿勢を最適化していけます。

このようにして得た自分の内側を観察する習慣は、一生涯役に立つのです。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です