武術訓練に苦痛は不要

制心訓練法は武術訓練でもあるので、安全第一で行わなければなりません。

絶対訓練においては、無理せず微笑みながら続けられる強度で行えば、怪段や故障の恐れはほぼないでしょう。

しかし相対訓練においては、特に実戦的な練習において思わぬ事故が起こりやすいので気をつけなければなりません。

訓練生に痛い思いをさせないのは指導者の責任です。

武術は厳しいものと言い訳して、訓練生に苦痛を与えることは許されません。

常に訓練生の練度に応じた練習をし、恐怖を感じさせてもいけないのです。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です