無用の苦痛を避ける

制心訓練法は自らの心を制することも目的とするので、ヨーガ(ヨガ)とも重なる要素をもつ。

ヨーガの禁戒(ヤマ)の一つ「アヒンサー」は「自他に無用の苦痛を与えない」という解釈で採り入れている。

すなわち、無用に自分の身体を痛めつけるような鍛練や、微笑すら浮かべられないほどの練習はすべきではないといえる。

また相対訓練においても、無駄に相手を打ったりすべきではない。

考案者(私)が仏教における「因果応報」「自業自得」を信じているからでもある。

アヒンサーの実践は内的制心力の向上に効果がある。

=======
空手家との組手や演武などの動画は下記サイトでご覧いただけます。
(武術気功健康教室|大阪府四條畷市)

制心術とは

動画 空手家との組手(マススパー)や演武など、制心術の実際の動きをご確認いただけます。 武術気功健康教室 究極のアンチエイジング健康法である武術気功を学べます。 …

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です